耐震シェルター レスキュールーム

巨大地震からあなたの大切な家族・財産を守ります!新しい耐震工法で一番近くに一番安全な空間を!

特許取得 第3190616号 第4261327号 商標登録済

大震災では、家屋の倒壊による圧死が多数を占める事から、一番身近な住まいを避難場所に考えました。鉄骨でたった一部屋に組み込むだけで、震度7にも耐える事が出来る地震シェルターです。
隣接している部屋はもちろん、家全体の補強度が上がります。

レスキュールームは公的助成金対象商品です。

レスキュールームの特徴

床下の基礎を鉄筋コンクリート構造に形成し、頑丈な土台作りをします。
部屋の6面(床・壁・天井)を鉄骨で補強します。
既存の柱と鉄骨を免震接続金物で固定してあるため、柱が腐っても家は傾きません。
側面には鉄の筋交いが入っているため、地震によるネジレに強い構造です。
お部屋に設置する事により、お部屋が大黒柱の役割をします。

レスキュールームのポイント

  • 建て替えなしで既存住宅に組み込めます。
  • 引っ越し不要。住んでいるまま工事可能。
  • 工期は7~10日間と短期間。
  • どんな間取りでも取り付け可能。
  • お宅にあわせてオーダーメイド(窓の位置もそのままでOK)。
  • 欠陥住宅など既に傾いている家でも修理可能。
  • 柱・土台などが腐って倒壊のおそれのある建物に最適。
  • 土砂災害時の倒壊も防止。

実験映像

レスキュールームの実験動画を公開しております。コチラからご覧ください>>>

レスキュールームの施工の流れ

建て替え、引越し不要!7~10日の短期間での施工が可能です!どんな間取りの既存住宅でも組み込み可能です。

施工前に必要な事項
1.はっきりとした図面をご準備下さい。
2.当社にて耐震診断を行います。
3.見積書を作成し、ご提出いたします。
4.ご成約後、工事日程の調節を行います。

施工開始

1日目 解体

家の中心部1室を解体します。

和室ならば柱位置がわかるため壁の解体の必要はありませんが、洋室の場合は壁の解体を行います。

画像をクリックすると拡大して表示されます。

2日目 本体設置

天井の梁部分を幅7.5cmのH鋼、柱を7.5cm角の鉄骨を用いて6面体(天井・壁・床)の重量鉄骨構造を作ります。
全ての柱が頑丈に固定され、側面に筋交いのような鉄のブレースが入っているため、地震によるネジレにも強い構造になっています。

画像をクリックすると拡大して表示されます。

3日目 鉄筋13mm生コン200mm打ち

床下全体に鉄筋入りのベタ基礎を作ります。

鉄骨の柱ごと固めるため、より強いレスキュールームが実現出来ます。
また、地震による液状化にも耐えられます。

画像をクリックすると拡大して表示されます。

7日目 歪み調整、柱固定、梁補強

柱固定、梁補強 天井裏と床下の補強やレスキュールームのひずみを調整いたします。
プラスティック製の伸縮自在のプラ束を用いて基礎部分を安定させ、床のたるみを防止します。
既存の梁と鉄骨を専用金物で接続しているため、既存の柱の一部が腐って欠けたとしても家は傾きません。

8日目 木・大工工事

本体に対して、木下地で12mm合板を床・壁・天井PB@9.5仕上とします。

9.10日目 内装仕上げ

壁に対してアクが出ないように、シーラーを塗布した後、クロス仕上げを行います。

画像をクリックすると拡大して表示されます。

9.10日目 設置完了

設置証明書作成と性能保証書をお渡しします。

耐震診断お見積り依頼はお気軽にご連絡ください。 現在の建物に関するお見積りや資料請求もお気軽にご連絡ください。
≪レスキュールーム販売取次店 株式会社トンテック TEL:093-761-4344≫

費用について

レスキュールーム本体価格

サイズ 本体価格(税抜) 適用サイズ
4帖半 1,450,000円 4.0帖以上~4.6帖未満
5帖 1,550,000円 4.6帖以上~5.1帖未満
6帖 1,650,000円 5.1帖以上~6.5帖未満
7帖 1,850,000円 6.5帖以上~7.5帖未満
8帖 2,100,000円 7.5帖以上~8.5帖未満
9帖 2,300,000円 8.5帖以上~9.5帖未満
10帖 2,500,000円 9.5帖以上~10.5帖未満
11帖 2,950,000円 10.5帖以上~11.5帖未満
12帖 3,400,000円 11.5帖以上~12.5帖未満

標準仕上がり価格

タイプ 平均仕上がり価格
4.5帖タイプ 280~300万円
6帖タイプ 300~350万円
8帖タイプ 350~380万円
10帖タイプ 400~420万円
12帖タイプ 450~500万円

正確な見積りなどは現地調査後の見積りにてご提出いたします。

レスキュールームの標準仕様をご紹介いたします

レスキュールームの標準仕様をご紹介いたします。
ご要望や、施工環境によりましては、別途追加費用が発生する場合もございますので、費用や不明点などにつきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。

標準仕様

床下 鉄筋入りコンクリート構造
既存の柱と鉄骨を専用金物で接続するので、柱が腐っても傾きません。
家具などの転倒防止壁を設置(合板仕上げのみ可能。ブラスターボード不可、器具は別途必要)
天井 天井の梁には様々な種類があり、それらに対応していないと2階部分とのジョイントが不安定になりがちですが、当社開発のパーツは梁との高低差に対応します。
仮設工事 天井・床・解体・残材処理・電工撤去
基礎工事 (1) 砕石敷き100mm
(2) 防湿シート
(3) 鉄筋 13mm 300mmメッシュ
(4) 生コン打設200mm
木工事 壁、天井下地…ブラスターボード、構造用合板(9mm・12mm)
床・下地材…根太、構造用合板(12mm)
和室…畳、板敷き
洋室…フローリング、廻り縁
内装工事 和室…クロス仕上
洋室…フローリング、廻り縁
電気工事 コンセント、スイッチ、TV、Tel、現状復帰、照明器具新規取付
鉄骨工事 レスキュールーム本体、組立 運搬、経費
別途 (1) 天井裏、床下に障害物がある場合
(2) 建具取替、エアコン脱着移設
(3) ケミカルアンカー止め、輸送費
(4) 非常食も入れられる床下収納スペース
その他特別発注品

耐震診断、お見積り依頼はお気軽にご連絡ください。耐震補強のレスキュールームの詳しい情報は、レスキュールーム事業本部ホームページでご覧になれます。現在の建物に関するお見積もりや資料請求、 お気軽にご連絡ください。

メールお問い合わせをする